NinjaZX-12R

ENTERENTERENTER


-since 2000-
Ninja ZX-12R
5202_pc.jpg

2000年式
車両型式  : ZXT20A
原動機   : ZXT20AE 1199cc 水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 並列 4気筒
最高出力  : 131kW(178PS)/9,500rpm ラム圧時190PS
最大トルク : 134N・m(13.7kgf・m)/7,500rpm
乾燥重量  : 210kg
車両重量  : 243kg

”世界最速”をコンセプトに全世界向けに開発されたカワサキスーパースポーツのフラッグシップモデル

スズキGSX1300R隼から最速の座を奪い返すためのkawasaki渾身のモデル

350㎞/hのメーター

川崎重工の航空機部門も開発に参加し航空機用の風洞実験設備を使いながら決定した車体デザイン

量産車初のアルミモノコックフレーム
zx-12r_strip.jpg

リアタイヤのサイズが200/50-17

A型といわれる前期モデルは、
最高速度を求めるあまりピーキーな出力特性になり法定速度走行が最も苦手
超高速度域での安定性を追い求めるあまり常用速度域の旋回性に難あり
だそうです

そのためB型といわれる後期モデルでは
140箇所の改良をしておりエンジン特性やハンドリングが改善されている

img_1264241_34619239_1.jpg
後期型

だが

じゃじゃ馬っぷりを乗りこなすのが楽しいと

あえてA型に乗る猛者もいる

kawasaki一覧へ戻る

ENTER

メーカーを選択

ENTER

ENTER

ENTER

ENTER

ENTER