BT1100Bulldog

ENTERENTERENTER

-since 2002-
BT1100Bulldog
yamaha-bt-1100-bulldog-09.jpg





ヤマハイタリア(旧ベルガルダヤマハ)が設計、開発、生産




DragStar 1100のエンジンをベースにリファイン、Vツインらしい鼓動感MT-01は同時並行で開発 この2つのバイクは
"ただ純粋にV-Twinの魅力を探求する"
という共通の基本コンセプトに基づいて設計



YAMAHABT1100BULLDOG-593_4.jpg




2005年 最初で最後のマイナーチェンジが施される。
ハンドル、シート、エアインテークカバーの変更、スイングアーム塗装と排ガス対策による キャブレター設定変更。
メーター変更に伴いイモビライザーも標準装備

BT1100_SM1_03.jpg
前期型


content-photo-bigphoto-x-a3.jpg
後期型



2006年でイタリアでの製造が終了。
表向きは排ガス規制に適合しなくなったという理由

ですが、実際は

販売不振

が大きかったようだ。

Yamaha_BT1100_Bulldog_2005_03_1280x1024.jpg

メーカーを選択

ENTER

ENTER

ENTER

ENTER

ENTER

2002年式
車両型式  : RP051
排気量   : 1063cc
内径×行程: 95.0×75.0
原動機   : P601E 
         空冷 4ストローク
         SOHC 2バルブ
         V型 2気筒
最高出力  : 65PS/5,500rpm
        : 47.8KW/5,500rpm
最大トルク : 9.0kgf・m/4,500rpm
        : 88.2N・m/4,500rpm
乾燥重量  : 229.5kg
車両重量  : 250.5kg
全長     : 2200mm
全幅     : 800mm
全高     : 1140mm
軸間距離  : 1530mm
タンク容量 : 20L
変速機   : 5段リターン式
駆動機構  : シャフトドライブ
タイヤ    : F 120/70-ZR17
        : R 170/60-ZR17
ブレーキ  : F ダブルディスク
        : R ディスク