SR500

ENTERENTERENTER

-since 1978-
SR500

28.jpg






発売の前年、1977年の雑誌「モトライダー」に

「島英彦」氏の製作した「ロードボンバー」

ヤマハのニューモデル「XT-S 500 ロードボンバー」として

掲載したことにより問い合わせが殺到した


29.jpg


実際にはエイプリルフールの嘘企画だったのだが

YAMAHAとしては開発中だった単気筒ロードモデルの降って沸いた市場調査となり

SRの開発へつながった



SR400の500cc版がSR500

元々XT500のエンジンを流用してるので

500が本来の排気量


SR400にくらべロングストロークなので鼓動感が強め


寸法や車重も全部SR400と一緒だが

初期型のSR400はコンチハンドルでSR500はアップハンドル



アメリカの市場を強く意識したSR500は

「 カウボーイスタイルで乗れるオートバイ 」

がコンセプト



海外でSRは500ccが当たり前




海外のチューナーもSR500をフルカスタムした


24.jpg



26.jpg



27.jpg



初登場の翌年1979年、SR400と500のハンドルは統合されサイドカバー以外で判別はむずかしくなった 

この年キャストホイールのSPモデルへと進化


1983年、キャストホイールからスポークホイールへ戻った

さらに1985年 ディスクブレーキからドラムブレーキへ変更


1999年に専用エンブレムを装着した最終型を販売を最後に2000年を迎えることなくラインナップから消えた

30.jpg

メーカーを選択

ENTER

ENTER

ENTER

ENTER

ENTER

1978年式
車両型式  : 2J2
排気量   : 499cc
内径×行程: 87mm×84mm
原動機   : 2J2
         空冷 4ストローク
         SOHC 2バルブ
         単気筒         
最高出力  : 32ps/6,500rpm
        : 23.5kW/6,500rpm
最大トルク : 3.7kg-m/5,500rpm
        : 36.3Nm/5,500rpm
乾燥重量  : 158kg
車両重量  : ????kg 
全長     : 2105mm
全幅     : 845mm
全高     : 1155mm
軸間距離  : 1410mm
タンク容量 : 12L
変速機   : 常時噛合式5段リターン
駆動機構  : チェーン
タイヤ    : F 3.50-S19-4PR
         R 4.00-S18-4PR
ブレーキ  : F ディスク
        : R ドラム
価格     : 350,000円