GSF1200

ENTERENTERENTER

-since 1995-
GSF1200
03.jpg



見た感じオーソドックスなネイキッド
しかし

発売当時の雑誌には『開ければバク転』

理由は以下の通り


① 4000rpmで最大トルクを発生


本来高回転型の並列4気等エンジンなのに鬼のような低速トルク



② 異常に短いホイールベース

1435mm
001.jpg


軽量400ネイキッドやレプリカ並みの短さ、ネイキッドなのに...。


③ 極端に軽量な乾燥重量

208kg

他社リッターネイキッドより20~30kg軽量



上記の結果

前輪不要


04.jpg

GSX-R1100の高回転型エンジンを
ストロークアップではなく

ボアアップのため

低速トルクがすごいのに高回転まで高レスポンス


ネイキッドなのにモノサス

750並のボディに1200のエンジン


これでつまらないわけが無い

しかし

スタイルが災いしてか

日本では不人気で売れなかった



初期型のクラッチはよくすべる
そして
クラッチのプレートの枚数が
個体によって違う

メーカーを選択

ENTER

ENTER

ENTER

ENTER

ENTER

1995年式
車両型式  : GV75A
排気量   : 1156cc
内径×行程: 79.0×59.0mm
原動機   : 油 4ストローク
         DOHC 4バルブ
         並列4気筒
最高出力  : 97PS/8,500rpm
最大トルク : 9.8kgf・m/4,000rpm
乾燥重量  : 208kg
全長     : 2105mm
全幅     : 785mm
全高     : 1095mm
軸間距離  : 1435mm
タンク容量 : 19L
変速機   : 常時噛合式5段リターン
駆動機構  : チェーン
タイヤ    : F 120/70 ZR17
         R 180/55 ZR17
ブレーキ  : F ダブルディスク
        : R ディスク