GSX-R

ENTERENTERENTER

-since 1984-
GSX-R
GSX-R 400 1984 RADIO GSXR.jpg


長い歴史となるGSX-Rシリーズの始まりとなるモデル

初期型は「400」や「400R]は付かない

後継モデルがGSX-R400(クリック→GSX-R400)となる

他社のレプリカが170kg程度だったのに対し、MR-ALBOXフレーム(クリック→MR-ALBOX)等で徹底した軽量設計により乾燥車重は152kg

ダブルANDF(クリック→DANDF)等で武装し公道F3バイクなどと呼ばれ注目を集めた



1984_GSX-R_blackred_520.jpg
Ⅰ型

1985_GSX-R_450.jpg
Ⅱ型

img_954604_17055884_0.jpg
Ⅲ型


Ⅲ型はフルモデルチェンジでSATCS(クリック→SATCS)エンジンやDC-ALBOX(クリック→DCALBOX)フレーム搭載

人気のあるGSX-RだがⅢ型はかっこ悪いの一言で売れなかった

メーカーを選択

ENTER

ENTER

ENTER

ENTER

ENTER

1984年式
車両型式  : GK71B
排気量   : 398cc
内径×行程: 53.0mm×45.2mm
原動機   : K701
         水冷 4ストローク
         DOHC 4バルブ
         並列4気筒
最高出力  : 59PS/11,000rpm
最大トルク : 4.0kgf・m/9,000rpm
車両重量  : 176kg
乾燥重量  : 152kg
全長     : 2090mm
全幅     : 710mm
全高     : 1185mm
軸間距離  : 1425mm
タンク容量 : 18L
変速機   : 常時噛合式6段リターン
駆動機構  : チェーン
タイヤ    : F 100 90 - R16 54H TL
         R 110 90 - R18 61H TL
ブレーキ  : F ダブルディスク
        : R ディスク